住まいのことならお気軽にお問い合わせください

TEL.0120-41-9080
  1. HOME
  2. 新築住宅TOP
  3. 家づくり
  4. 構造、性能
  5. 逞しさ、それは『構造』
 
 
 
 
 
 

構造、性能


逞しさ、それは『構造』

確かな構造がはじめて安心が生みます。
クレハホームの家づくりは強固な一体構造「ツーバイフォー工法」にあります。

構造

強固な六面体構造でしっかりと建物を支える「ツーバイフォー工法」

ツーバイフォー工法は軸組工法とはまったく異なる考え方の建築工法です。もっとも大きな違いは、建物の支え方です。軸組工法では「柱」や「梁」で建物を支えるのに対し、ツーバイフォー工法では、構造用製材でつくった枠組みに構造用合板を張り付けた「パネル」で床・壁・屋根を構成して建物を支えます。つまり軸組工法は「線」で、ツーバイフォー工法は「面」で、建物を支えます。この面構造が基本となり、家全体が強い一体構造となります。

ツーバイフォー

ツーバイフォー工法

強固な一体構造

「面構造」を基本にしたツーバイフォー住宅は、六面体ができあがると、家全体が強い一体構造(モノコック構造)となります。一体構造はもともと、極限の強度が求められる航空機用に開発されたものです。スペースシャトル、新幹線、F1レーシングカーにも採用されているほど、きわめて強固な構造です。

一体構造のツーバイフォー住宅は、地震や台風などの力を建物全体で受け止め、荷重を一点に集中させることなく全体に分散してしまうので、外力に対して強さを発揮します。



きめ細かいマニュアル化による均一的な高品質・高性能

ツーバイフォー工法は、構造材やクギのサイズ・使用方法仕様箇所から施工の手順まで、きめ細かくマニュアル化されているため、施工者の技量に左右されることなく、どの住宅にも均一な高品質と高性能を実現します。



クギや接合金物もシステマチックに専用化

ツーバイフォー工法では、接合部に専用のクギ・ビスや接合金物を使用しています。とくにクギやビスに対しては使用する箇所や間隔、打ち方、使用本数にいたるまで細かく明確に規定されています。

クギのサイズや用途別に1本1本カラーリングが施されており、一度打ち込んでしまうと確認の難しいクギを、確実にチェックできるようになっています。

クギ



逞しさ、それは『耐震性』

地震が多い国だからこそ万が一の災害に耐える強さが必要です。
地震に強い理由は、揺れを受け止める六面体の一体構造にあります。

逞しさ、それは耐震性

揺れを面全体で受け止めるから地震に強い

床・壁・屋根が一体(モノコック構造)となったツーバイフォー住宅は、地震の揺れを六面体の建物全体で受け止めて力を分散吸収し、荷重が一部分に集中する事を防ぎます。そしてこの構造が地震に対して抜群の強さを発揮します。

また床・壁・屋根に使用されるパネル自体も、優れた耐震性の源になっています。建物の床や天井を形成する六面体は外からの力を分散するとともに、建物のネジレを防止し建物の変形や倒壊を防ぐ機能をもっています。

家具の転倒被害率グラフ
壁面におけるツーバイフォーと鉄骨造との比較

異なる工法の住宅に、建物の重さに比例した力を加え、その伝わり方をシミュレーションで比較。従来鉄骨軸組工法では加えた力が柱や接合部に集中しています。ツーバイフォー工法では構造用合板が面となり、揺れの力が分散・吸収されています。

ツーバイフォー工法ツーバイフォー工法
従来鉄骨軸組工法従来鉄骨軸組工法



逞しさ、それは『耐火性』

木は火に強いということをご存知ですか。
クレハホームの住宅は優れた耐火性『ファイヤーストップ構造』で被害を最小限に抑えます。

逞しさ、それは耐火性

火に強い性質を持っているのは実は「木」なのです

ある程度の太さや厚さのある木材は、一旦燃えても表面に炭化層をつくりますが、火は内部まで進行しないため、強度が低下しにくいという性質をもっています。これに対し、火に強いと考えられている鉄は550℃を超えると急速に柔らかくなって変形し、強度が大幅に低下します。

700〜950℃にまで達するといわれる現実の火災においても、実大火災実験の結果などから「木は火に強い」ということは事実として確認されています。

木材耐火グラフ

木と鉄の耐火強度比較

ツーバイフォーの枠組材2枚重ねると、それとほぼ同じ外形で常温では強度が勝る鉄骨材に、それぞれ200kgの荷重をかけて約1000℃まで加熱したところ、5分後に鉄骨は急速に湾曲しました。しかし、枠組材は表面が焦げたのみで強度は十分保たれています。

ツーバイフォー工法 ツイーバイフォー構造部材
軽量鉄骨構造部材



火の進行を抑えるファイヤーストップ構造

火の通り道となる床や壁の枠組材などが、ファイヤーストップ材となって空気の流れを遮断。上階へ火が燃え広がるのをくい止めます。

また床根太、枠組材などが一定間隔で組まれている床や壁の内部構造は、防火区域がいくつもつくられているのと同じ状態です。この区画によって火の進行はさらに遅くなり、火災時の被害を最小限に抑えます。



石こうボードでさらに耐火性アップ

天井や壁の内側全面に、厚さ12.5mm以上の石こうボードが貼られます。この石こうボードの中には約21%の結晶水が含まれていて、炎があたると熱分解を起こして約20分間もの間、水蒸気を放出するという優れた特性を発揮します。このため、火災が発生しても天井裏や壁の内部の温度が上昇しにくく、構造材が着火点(約260℃)に達するまでの時間を大きく遅らせることができます。

ファイヤーストップ構造



逞しさ、それは『高気密・高断熱』

快適な住環境は家族に安らぎを与えてくれます。
省エネルギー性能に優れたクレハホームの環境性能。

逞しさ、それは高気密・高断熱

クレハホームの高気密・高断熱構造

断熱性を高める構造躯体

外気温の影響を受けやすい外壁は、ツーバイフォー独自の面構造と壁内に充填された断熱材との相乗効果で、より高い断熱性を発揮します。また、最上階の天井、外壁、1階床内部には断熱材を効果的に使用し、建物全体を断熱材で覆うことで断熱効果をより高めています。



断熱材

外気に接する床・壁・天井を断熱材で覆うことにより外からの影響を受けにくくします。断熱材は室内の温度を一定に保つだけでなく、防火・防音性能を高める効果もあります。

構造躯体、断熱材

アルミ+樹脂サッシで高い断熱効果

室外側は耐候性・耐久性に優れたアルミ、室内側は熱伝導率の低い樹脂でできたサッシにすることで結露を軽減し、高い断熱効果を発揮します。



複層ガラス+Low-Eでエネルギー効率アップ

遮熱と断熱性のうい優れた「複層ガラス+Low-E」により、夏場の強い日射しや紫外線をカットします。また冬場は外からの冷たい外気を防ぎ、室内の熱を逃げにくくする効果があります。これらの効果によって冷暖房効率がアップし、エネルギー住宅性能を高めます

複層ガラス+Low-E



逞しさ、それは『耐久性』

長く暮らせる住まいの実現のために。
徹底した湿気対策と防腐・防蟻対策で住まいを守ります。

逞しさ、それは耐久性

構造用製材には乾燥材を使用。万全の湿気対策を行います

ほとんどの構造用製材には含水率19%以下の日本農林規格に基づく乾燥材を使用しています。さらに、さまざまな方法によって万全の湿気対策を行います。湿気や結露への徹底した対策によって耐久性を確保し、永く暮らせる丈夫な住まいを実現します。



外壁通気工法で防湿効果アップ

外壁通気工法とは、柱と外壁材の間に一定の隙間を作り、壁体内の湿気を外部に放出する方法です。また、室内から発生する湿気は断熱材の外部に張られた防湿気密シートで防ぎます。壁内に生まれた水蒸気を外に逃がしやすくすることで防湿効果をより高めます。

外壁通気工法

湿気を効率良く排出するキソパッキン

樹脂のしなやかさと石の強さを兼ね備えたキソパッキン。キソパッキン工法を用いることで、基礎と土台を絶縁し、湿気を効率良く排出し、土台の腐れとシロアリを寄せ付けにくい環境をつくります。また浴室、玄関等には、断熱性能を高める為、基礎立ち上り部分に基礎断熱を行い、基礎と土台を取合いには気密パッキンを使用します。



見えないところだからこそしっかりと。ベタ基礎で家の荷重を支えます

基礎立ち上りだけでなく、底板を鉄筋コンクリートにするベタ基礎によって、家の荷重を底板全体で受け止め、面で家の荷重を支えます。また、地面をコンクリートで覆うので地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。



ベタ基礎